書籍紹介
HOME > 一般の疾病 > 書籍紹介

中国医療の健康診断で「未病」をチェック!

中国医療の健康診断で「未病」をチェック!

思いやりのガン治療

ガンは、日頃のストレスなど精神面での負担も大きく関係してくる疾病です。
当クリニックでは、患者様が心身ともに安心してご来院頂けるよう、一人一人への思いやりと対話を非常に重視しています。
患者様の顔(眼)を見て、真剣にお話致します。患者様の身体に直接触れ、思いやりを持って診断致します。時間に余裕を持ち、充分な診察時間でご対応致します。プロとして、医療技術・知識の向上に日々努めます。

統合医学によるガン治療

中国医学で病気を治す

『中国医学で病気を治す』 (2000/5/20 発行)
amazon.co.jpで購入する

“中国医学の現代的な最新治療法は、単なる古典の焼き直しではない!”
ガン・生活習慣病からアトピー性皮膚炎など、現代人を悩ます病に大きく関係があると考えられる「冷え」。どのようにして病気になり、またその治療法を、臨床経験豊かな中国医学の医師(陶叔山)と西洋医学を勉強後、中国医学にも取り組みはじめた若き医師(希求生)、それに一般人(敷島)の三者鼎談という会話形式でご紹介した本。
軟膏のページ で取り上げた軟膏の説明や、用語集もあります。
定価 880円 【出版社:講談社ブルーバックス】


解説
■ 『中国医学で病気を治す』

小髙 修司著 講談社ブルーバックス 2000年5月20日 定価 880円

中国医学で病気を治す 1971年に『中国医学のひみつ』を同じブルーバックスより出版して以来、中国医学関連の一般書をいくつか上梓して参りましたのは、中国医学の啓蒙に微力ながらも尽力したいとの本意からでした。しかし意余って力足らず、その目的が十分に達せられたとはいえず、屋上屋を重ねる愚をおかすことを承知で敢えて新たな出版を思い立ったのはいくつかの理由があるからです。

それは私の中国医学自体の考え方が徐々に変化し書き換えの必要性を感じたこと、全人的医療が巷間喧伝され東洋医学的な発想が重視される傾向が強まっていることがあげられます。さらに本書の中でも触れておりますが、COやNOといったガス状の伝達物質と「気」の関連性、また老化抑制遺伝子Klothoが液性因子Klotho蛋白を主に腎臓から分泌するという説と、中国医学で「腎」と呼ばれる成長・老化と関連する概念の相同性など、近代医学の新知識の中に中国医学の概念を説明しうる可能性が散見されるようになっているように感じられます。今後このような観点を含め一層東西医学の接近がはかられることを、若き学徒・研究者達に期待することも執筆の目的の一つでした。

また本書は経験豊かな老医師と、若き医師、それに一般人の3人の鼎談という形式で論を進めており、取っつきにくい中国医学の概念を少しでも理解しやすいものにしたつもりでおります。
また感冒を初め、生活習慣病、種々の疼痛疾患、さらには悪性腫瘍に対しても、内服薬による治療に加えて、軟膏を経穴(ツボ)に塗布するという、現代では比較的閑却されがちであった手法を、復活させたことも特色としてあげられるかと思います。

さらに医療者サイドが自分を愛するが如くに患者を愛するという思いやりの心(=「仁」)を持ち、一方患者側もただ治癒のみを願うのではなく、日常生活のなかで「徳を積む」ことに心を砕くことで、一層治療効果が上がる可能性についても論じてみました。