軟膏薬
HOME > 漢方薬販売 > 軟膏薬

中国医療の健康診断で「未病」をチェック!

中国医療の健康診断で「未病」をチェック!

各種軟膏薬のご案内

軟膏サンプル

  • 軟膏
  • 軟膏
  • 軟膏

駆瘤膏

参考価格:\2,000-\2,500(税別)

ガンは気・血・津液の流れの滞りが直接的な原因でできた病気ですから、この気・血・津液の流れを正常状態に戻すことがガン治療の第一歩といえます。こういった発想からこの軟膏は作られました。
ガンの種類によって使う軟膏が異なります。ガンのできた場所に軟膏を塗るのではなく、個々のがんにより決められた特定のツボに、少量ずつ繰り返し塗ってもらいます。たとえば乳ガンは内庭穴、肝臓ガンは行間穴、肺ガンは孔最穴という具合で、さらにリンパ性の転移を防止する目的で中渚穴、血行性転移を防ぐ目的で内関穴にも一緒に塗ります。もちろんツボは経絡という気の流れるルート上の中継点ですから、ツボに軟膏を塗ることで経絡の気の流れを介して、軟膏中の薬の効果が電磁波的エネルギーとして、ガンのできた場所へ運ばれる効果を発揮すると考えています。

駆瘤膏ⅡAとⅡBは滞っている気・血・津液の流れを回復する目的のもので、特にこの経絡の気の流れを邪魔するものを取り除き、薬の電磁波的エネルギーが目的の臓腑に届きやすくします。これらと組み合わせる駆瘤膏Ⅰ、ⅢとⅣは、解毒、抗ガン効果を持つ動物や鉱物の生薬を組み合わせたもので、目的の臓腑にたどり着いた上で、そこにあるガン細胞をたたきます。
起床後まず駆瘤膏ⅡA或いはⅡBを塗り、30分後に駆瘤膏Ⅰ或いはⅢ或いはⅣを塗ります。これを1~2時間毎に繰り返します。繰り返す回数が多いほど効果的ですが、1回に塗る量はほんの少しでよいのです。

ガンの部位などによってお使いいただく軟膏は異なりますので、申し込みフォームの問診票にご記入いただいた内容をもとに、当クリニックにて選択させていただきます。