院長紹介
HOME > 院長紹介 > 院長紹介

中国医療の健康診断で「未病」をチェック!

中国医療の健康診断で「未病」をチェック!

院長紹介

  • 小髙 修司

    小髙 修司

    1971年、東京医科歯科大学医学部卒業。
    医学博士。

    外科医としての臨床面では、東京医科歯科大学、国立がんセンター、東京都立豊島病院を通して、頭頚部領域のガン患者の治療に専念した。しかしその治療経験から、西洋医学のガン治療のあり方に疑問を持ち、診療・研究のかたわら全人的思考法に惹かれ中国医学を学ぶこととなった。

    1988年以来、東京都の東洋医学事業の一環として新設された、東京都立豊島病院の東洋医学専門外来の初代医長(内科医長 東洋医学担当)に就任。東京都の姉妹都市である北京市より派遣され、来日滞在した8人の中医師より各2-3ヵ月ずつ個人指導を受け、外来診療を通して中国医学の診断法及び用薬法について学ぶ。

    1993年4月に中国医学による専門医療を目的とするクリニックを開院する。
    現在、中醫クリニック・コタカ院長並びに附属東洋医学がん研究所所長、東京臨床中医学研究会元会長。